It is the top of the page

Link for moving within the page
To text (c)

抗生物質製剤

最終更新日:2022年6月1日

牛用ザクトラン注

動物用医薬品
要指示 指定 使用基準

特長

本製品は、マクロライド系抗菌性物質であるガミスロマイシンを主成分とする注射剤で、本剤感受性のパスツレラ・マルトシダ、マンヘミア・ヘモリチカ、マイコプラズマ・ボビスによる細菌性肺炎の治療に有効な薬剤です。

発売日
2022年5月9日
製造販売元
ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社
効能・効果
有効菌種:本剤感受性のパスツレラ・マルトシダ、マンヘミア・ヘモリチカ、マイコプラズマ・ボビス
適応症:牛;細菌性肺炎
用法・用量
体重1kg当たり、ガミスロマイシンとして下記の量を1回頸部皮下に注射する。
牛(生後13月を超える雌の乳牛(食用に供するための搾乳がされなくなったものを除く。)を除く。):6mg(力価)

【使用禁止期間】
食用に供するためにと殺する前49日間
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。