It is the top of the page

Link for moving within the page
To text (c)

社会貢献

環境問題の重要性を理解し、自覚をもって行動

ゼノアックが取り組む社会貢献の範囲は、畜産・動物関連業界、動物薬業界に関する取り組みや、ゼノアックの持つ独自性を活かし地域発展に寄与する取り組みとしています。2014年には「社会貢献活動の基本的考え方」を定め、事業活動を通じた活動に加え、社員の自主性に基づく活動を推奨しています。

  • ゼノアックが持つスキルやノウハウ、経営資源を活かして、動物と人を取り巻く社会が抱える課題の解決につながる貢献活動に取り組みます。
  • 共通の価値観を持つ外部組織等との連携や寄付活動を通じて、動物の福祉向上や命を守る貢献活動に取り組みます。
  • 地域社会を構成する一員として、地域社会からの要請に応える貢献活動に取り組みます。

1. お客様に対して

2. 動物と飼い主に対して

3. 地域や社会に対して

4. 児童、生徒、学生に対して

5. 自然災害への被災地支援

6. グローバルな社会貢献

1. お客様に対して

しゃくなげ会

1961年、創業者が畜産先進国アメリカを視察した際、自社の発展は日本の畜産の発展にあることに気づき、のちに畜産技術者と臨床獣医師の技術向上と交流の場を提供する「しゃくなげ会」を立ち上げました。1969年に設立した北海道しゃくなげ会をはじめ、50年が経過した今では全国36都道府県を網羅する10の地区しゃくなげ会研修会が開催され、毎年全国でおよそ1,100名が参加するまでになりました。2020年は新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされましたが、翌年からの東海と北海道はオンラインで開催されました。
研修会のテーマは、各地区の臨床獣医師を主体としたしゃくなげ会役員会でタイムリーな地域に密着した内容となるよう検討しています。また、参加されたお客様へのアンケートを実施し、結果や対応をしゃくなげ会のホームページや次年度の研修会テキストにも掲載し、運営の改善に役立てています。長年の実績により、地区しゃくなげ会は(公社)日本獣医師会の「獣医師生涯研修事業」に民間企業の研修会で唯一認定されており、獣医師、畜産関係者の卒後教育の場として畜産界発展に寄与しています。

ゼノアックエクステンションセミナー

しゃくなげ会が座学中心の研修会であるのに対し、本セミナーは「実習」が主体です。前身は「全国しゃくなげ会」で、1968年から毎年本社で開催され、全国から約100名の産業動物臨床獣医師が参加していました。その後高度化した本格的な実習とするため、2003年に名称を「ゼノアックエクステンションセミナー」と改め、最新の実習施設・機器を保有する獣医系大学と連携し開催するようになりました。実習をより実りあるものとするため参加者数もそれまでの半分以下に絞り、若手・中堅獣医師を対象とした2日間にわたる集中セミナーとしました。これまでに酪農学園大学、岩手大学と連携し、輸液、蹄病、ダウナー症候群、繁殖などをテーマとして開催しています。地区しゃくなげ会同様にアンケートを実施し、運営の改善に役立てています。(2020年度は取り組みを中止しています。)

日本の畜産を応援するWEBマガジン「どっこいしょニッポン」

「どっこいしょニッポン」は、食の安心・安全を追求する国産畜産物の消費を促し、同時に今畜産業界が抱えている高齢化や後継者問題などの課題について向き合い、さらには畜産業のイメージアップと興味・関心を広げることを目指した活動です。WEBサイトを2016年4月に立ち上げ、一般消費者の皆様に日本の畜産の魅力を伝えるともに、畜産関係者と消費者との双方向コミュニケーションの場となることを目指し情報の配信を行っています。サイトでは「はたらく」「たべる」「くらす」「つながる」の4つの切り口のコンテンツを配信し、サイトを訪れたそれぞれの皆様がそれぞれの視点から考え、理解して頂けることを願っています。

どっこいしょニッポンサイト

「どっこいしょニッポン」公式サイト

2. 動物と飼い主に対して

セーブペットプロジェクト

ビジネスパートナーであるベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン(株)と共に、犬猫の殺処分問題に取り組む活動として、2010年度より「セーブペットプロジェクト」を立ち上げ推進しています。この活動は、ノミ・マダニ駆除薬市場No.1ブランドであるフロントラインの売上の一部を寄付することからスタートし、現在ではネクスガード、ネクスガードスペクトラ、ブロードラインさらに犬フィラリア症予防薬カルドメックの売上の一部、犬用デンタルガムのオーラベットの売り上げの一部も寄付されるようになりました。これらは主に殺処分低減に向けた様々な啓発や保護動物の譲渡を行う団体への寄付(保護犬・猫の医療費)、マイクロチップの普及活動などに充てられています。

(Twitter)セーブペットプロジェクト

セーブペットプロジェクトについて

動物福祉団体に製品を寄付

フロントライン、カルドメック、ネクスガードなどの寄生虫駆除薬をはじめとした製品を、かかりつけの動物病院様を通じて動物飼育団体や補助犬飼育団体に寄付しています。

身体障がい者補助犬の普及支援

ゼノアックは、身体障がい者補助犬(以下、補助犬)の普及活動を2002年から積極的に支援しています。特定非営利活動法人日本補助犬情報センターとの協力で、補助犬と障がい者の方の社会参加促進のため、様々な課題に優先順位をつけ、真に必要な支援を続けています。
最初は人材育成として、米国と国内での介助犬トレーナー研修に対し奨学金制度(ゼノアック・スカラーシップ)を創設して活動を支援しました。受講者の作業療法士・理学療法士は、現在この業界のリーダー的存在として活躍しています。世界初の補助犬学会として日本身体障害者補助犬学会が2005年に設立されましたが、ゼノアックはこの設立準備となる2004年の学術シンポジウムを強力に支援し学会設立に貢献しました。また(社福)日本介助犬協会と繁殖犬導入・飼育・繁殖に関わるプロジェクトを立ち上げ、2012年度までの8年間に67頭の繁殖と29頭の介助犬認定に貢献し、2017年に同協会から感謝状をいただきました。2014年度以降は、補助犬の啓発・普及をさらに推し進めてゆくために、日本補助犬情報センターの「補助犬ユーザーへの情報提供と人材教育及び各種調査」に関わる運営資金をサポートしています。
これらのほか各種イベントでの補助犬デモンストレーションの協力、補助犬法の設立や改正に対する社員の署名、補助犬育成団体への製品供給、我が国初の本格的な介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」への支援などを行う一方、補助犬ユーザー様を交えた社内セミナーを開催するなど社員の補助犬に対する理解とリテラシー向上にも努めています。

イベントでのデモンストレーション
2018年度実施の社内セミナー

身近にある社会貢献活動

社員個人が気軽に出来る社会貢献として、使用済切手、リングプル、ペットボトルキャップ、ベルマークなどの収集や各拠点に設置している自動販売機での購入があり、これらを動物福祉団体に寄付する活動を行っています。寄付型自販機は2015年度から本社と小林工場で設置し、これらの売上金の2~5%を(公社)アニマルドネーションとしっぽネットに、使用済み切手は(社)日本動物福祉協会に、そのほかは各種ボランティア団体にお届けしています。ちょっとした意識の持ち方が社会貢献への参画につながります。社員の家族にも協力を得ながら、これらの活動が継続されています。

動物を守るさまざまな取り組み

「乳がんで苦しむ猫をゼロにする」。ゼノアックはJVCOG(一般社団法人日本獣医がん臨床研究グループ)が2019年から取り組んでいる、猫の乳がんを予防するための「キャットリボン運動」に協賛しています。また、天然記念物である沖縄のイリオモテヤマネコを守るために、医療施設に対して感染症予防ワクチンを無償提供しています。シカと列車がぶつかる鉄道事故を減らすことにも当社製品が貢献しています。「ユクル」はゼノアックが強みとする固形化技術を生かした野生のシカ向けの固形塩で、シカが好む鉄分などのミネラルを配合し、長期耐水性にも優れています。鉄分を摂取するために鉄道へ入りレールを舐めるシカに対し、シカが頻繁に出没する場所へユクルを設置すれば、シカはその場でユクルを舐め続け鉄道には近づかなくなります。日鐵住金建材が企画・発売し、ゼノアックが製造した誘鹿材「ユクル」は、「シカが求めるモノとヒトが求めるコト」を両立したデザインが評価され2016年度グッドデザイン賞と第13回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞しています。

キャットリボン運動

3. 地域や社会に対して

献血活動

創業者の福井貞一は、福島県薬剤師会会長に就任した1985年、保健衛生団体や経済団体、各種ボランティア団体の協力を得、「福島県献血推進協力会」を設立、初代会長となり献血推進のPRや献血ネットワークづくり、郡山駅構内(現在は大和ロイネットホテル3階に移転)の献血ルーム開設などの活動に尽力しました。そして社員は現在も、年2回の献血活動に参加しています。多年にわたる献血活動への積極的な参加に対し、2016年に日本赤十字社より、最高章である「金色有功章」を頂きました。このような由緒ある章を受章できたことは大変な名誉であり、これからも人が支える命の尊さを大事にしてゆきます。

献血の様子

福島県経営品質研究会の創設

ゼノアックは日本経営品質賞の受賞を機に、会津若松経営品質協議会の会員企業や県中地区の有力組織とともに、2018年7月、福島県経営品質研究会(FMQ)を立ち上げました。そして幹事組織として人材や施設を生かした運営を行っています。福島県内企業・組織の経営品質を高めること、そのために会員が協力して学び合い気づき合う場を提供することを目的とし、福島県の復興と事業開発向上に貢献したいと考えています。現在会員組織は40余りで、日本経営品質賞の受賞企業を招いた講演会を年に2回、そして経営品質の理解と実践のためのセミナー(2コース)をそれぞれ年に4回程度、WEBも活用しながら開催しています。組織の経営品質向上は、従業員の働きがいの向上や組織にイノベーションを生み出す環境づくりなどに貢献します。地域の組織が協力し切磋琢磨してそれらの活動に取組むことで、地域の継続的な発展に寄与します。

「野口英世記念ふくしま国際音楽祭」など音楽へのスポンサーシップ

ゼノアックは「野口英世記念ふくしま国際音楽祭」に協賛しています。この音楽祭は、2012年から「野口英世記念ばんだい高原国際音楽祭」として始まり、東日本大震災の復興支援と福島県の一大特徴である高い音楽文化と地域観光の融合を図り、2018年より現在の名称になりました。世界各国・日本全国から趣旨に賛同した一流の演奏者たちが集まり、素晴らしいハーモニーを奏でます。ゼノアックもその趣旨に賛同し、2018年から特別協賛を行っています。また、福島県内や郡山市内の高校生による合唱や吹奏楽の定期演奏会やコンクール等に協賛し、高校生の音楽レベル向上と、"合唱王国ふくしま"、"楽都郡山"の音楽振興に貢献しています。

野口英世記念ふくしま国際音楽祭安積歴史博物館ステージ

「ふくしま駅伝」などスポーツへのスポンサーシップ

「ふくしま駅伝(市町村対抗福島県縦断駅伝競走大会)」は、福島県の中長距離選手の育成・強化と、各市町村のふるさと興しに寄与することを目的として1989年に始まりました。区間ごとに中学生、高校生、大学生・社会人が走り、市/町/村の各部門で順位を競います。ゼノアックは第1回大会から第6区中継地点「日本全薬工業前」における運営協力で大会を支えてきましたが、現在は協賛企業となり、会社構内の中継所では社員ボランティアが大会のお手伝いもしています。このほか、バスケットボール国内リーグの福島ファイヤーボンズを、企業サポーターとして創設時から支援しています。福島県体育協会の賛助会員としても、県内のスポーツを長年支え続けています。

4. 児童、生徒、学生に対して

科学体験教室

研究開発本部では、地域の児童を対象とした科学体験教室を2014年度から開催しています。この活動では、研究開発本部ならではの知識や技術を生かして、科学体験学習を通して地元の子供たちに科学や動物に対する興味・関心を高めてもらうこと、近隣の学校と交流することにより、地域社会から信頼される企業を目指すことを大きな目的としています。子供たちが科学体験を「面白い!」と感じてくれること、そして身の回りの科学に興味をもって好きになってくれることを期待しています。地元のメディアでも取り上げられ、児童たちにとって貴重な体験になったとの評価を頂いています。2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で開催が危ぶまれましたが、近隣小学校のPTAからの要望もあり、社内で動画を制作し、オンライン配信をしました。これにより対象を近隣の小学生だけではなく全国の小学生まで広げることもでき、ピンチをチャンスに変えた「科学体験教室」の大きな一歩となりました。

地元公民館を利用して開催される科学体験教室
アニメーションを使い分かりやすく説明されたオンライン配信画面

児童くらぶでの読み聞かせ活動

西日本コールセンターは3カ月毎に一度、近隣の小学校で「児童くらぶでの読み聞かせ」を行っています。本を読んで子供たちに聞いてもらうほか、紙芝居も行います。子供たちの評判はとても良く、好評なことから継続されています。この活動からは、お客様応対での発声、表現方法の学習、話の間を磨く練習としても多くの学びが実感できました。地域貢献活動が自分自身のスキルアップにもつながるので、とてもやりがいの持てる活動になっています。(2020年度は取り組みを中止しています。)

インターンシップと職場体験

学生の就業意識向上を目的として、外部団体が主催する高校生対象のインターンシップへの参画や、就職を控えた大学生のためのインターンシップを行なっています。獣医師や薬剤師を目指す学生に対する独自のインターンシップも行い、業界の特徴、企業で求められること、社会での役割などを、先輩社員とのグループディスカッションなどを通じて伝えています。また研究開発から製品流通まで、生徒・学生の要望に応じた幅広い職場体験や、児童・生徒の会社見学も随時行っています。

揚州大へのゼノアック奨学金制度

中国揚州大学獣医学部は中国における農業関係大学の名門であり、中国農業部が指定する動物用医薬品の試験機関でもあります。ゼノアックは2016年に同学部と戦略的提携関係を締結し、あわせてゼノアック奨学金を設置しました。計3年、各年計5.5万元(100万円弱)の給付を2016年から行っています。(学部生15名、修士課程10名、博士課程5名)。2019年より契約更新で奨学金の規模を若干縮小しましたが、2021年まで継続しています。

中国農業部と戦略的提携関係を締結

日本パスツール財団への寄付

ゼノアックでは、科学分野における研究がより良いものになるよう、2020年から日本パスツール財団への寄付を行っています。この機関は、学生、研究者及び一般市民を対象に、生命科学分野における日本とフランス、その他海外研究機関などとの間で研究者・学生の派遣、受け入れ等の交流を盛んにし、その為の奨学金給費等を行っています。また、海外の最先端の生命科学分野の調査研究、資料収集を促進し、そこから得た資料・情報・知識を学生、研究者及び一般市民に提供しています。

日本パスツール財団

5. 自然災害への被災地支援

東日本大震災の復興支援

ゼノアックは東日本大震災発生直後、動物救護活動等の推進確保と当該被災地での獣医医療提供のための支援として、日本獣医師会と福島県に対してそれぞれ義援金を提供しました。またゼノアックがべーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン(当時:メリアルジャパン)と共同で行っている「セーブペットプロジェクト」への寄付金の一部を震災で被災されたペットを持つ方々の支援にあてました。震災と原発事故で置き去りにされた犬や猫を保護する三春シェルター※へも、義援金の寄付や製品の提供、社員ボランティアなどによってサポートを行ってきました。2012年には、譲渡犬・譲渡猫のマッチングやチャリティーオークションなどによるイベントを福島民報社と共催し、動物たちの保護のためのご協力を頂きました。
福島原発事故による避難指示区域12市町村の商工業や農業再開を後押しする「福島相双復興官民合同チーム」が2015年に発足し、のちに(公社)福島相双復興推進機構となりましたが、ゼノアック会長の福井邦顕はこの官民合同チームのチーム長、そして理事長として被災地へのきめ細かい支援に取り組みました。
※福島県動物救護本部による動物シェルターは2015年12月25日まで運営され、動物を殺処分することなく、すべての動物の譲渡が完了しその役割を終えました。

東日本大震災から10年

2021年は東日本大震災から10年でした。震災を後世へ伝える絵本「きぼうのとり」の制作や、震災で犠牲になった方々への追悼と未来の福島の復興に向け行われた「SKY LANTERN PROJECT@FUKUSHIMA」の開催などに協賛しました。

「きぼうのとり」サイト
SKY LANTERN PROJECTの様子

「きぼうのとり」サイト

ゼノアック公式Facebook投稿記事「SKYLANTERN PROJECT@FUKUSHIMA」

6. グローバルな社会貢献

HealthforAnimalsのコーポレートメンバーとしての取り組み

2019年3月、ゼノアックはHealthforAnimals(ヘルスフォーアニマルズ)のコーポレートメンバーになりました。日本では(公社)日本動物用医薬品協会がメンバーとなっていますが、日本を含むアジアのコーポレートメンバーとしては当社が初めての選任です。同団体は、開発国と開発途上国におけるアニマルヘルス企業と各国のアニマルヘルス協会の代表によって構成されている非営利・非政府組織で、「動物を疾病から守ることで人を疾病から守る」という価値を社会に提供します。抗生剤の薬剤耐性菌や新型コロナウイルスなど健康に関する問題、動物福祉、環境問題など、さまざまなサステナビリティへの取り組みを行っています。2020年は新型コロナウイルスに関するメッセージや、コーポレートメンバーによるSDGsの取り組みなどを発信しました。世界のアニマルヘルス発展のため、当社は重責を全うしてゆきます。

握手している様子

HealthforAnimals