It is the top of the page

Link for moving within the page
To text (c)

循環器系作用薬

最終更新日:2022年4月4日

ベトメディン注射液

動物用医薬品
要指示 指定
・僧帽弁閉鎖不全症に伴う臨床症状に対し、ワンショットで速やかな症状の改善を可能にします。
・投与後は、経口剤のベトメディンチュアブルでコントロール可能です。

製造販売業者(輸入元)
ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン株式会社
成分・分量
ピモベンダン・1mL中0.75mL
効能・効果
犬:僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善
用法・用量
体重1kg当たりピモベンダンとして0.15mgをゆっくりと単回静脈内投与する。
包装単位
5mL 1バイアル
注意事項
【一般的注意】
・本剤は、要指示医薬品であるので獣医師等の処方箋・指示により使用すること。
・本剤は、効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
・本剤は、定められた用法・用量を厳守すること。

【使用者に対する注意】
・誤って注射された者は、直ちに医師の診察を受けること。なお、本剤の添付文書を持参することが望ましい。
・本剤の使用後は手を洗うこと。

【対象動物に対する注意】
・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
・本剤は、体重2kg未満の犬には投与しないこと。
・本剤に対する過敏症を有する犬には、本剤を投与しないこと。
・妊娠中及び哺乳犬に対する安全性は確立されていないので、妊娠中及び授乳中の犬には投与しないこと。やむを得ず、授乳中の犬に投与する場合には、授乳を中止すること。
・肥大性心筋症あるいは機能的又は解剖学的に心拍出量の増加が見込めない症例(例えば、大動脈狭窄症)には用いないこと。
・本剤は肝臓で代謝されることから、重度な肝障害を有する犬は副作用が発現しやすくなるおそれがあるため、臨床症状を十分観察しながら投与すること。
・必要により適切な対症療法(フロセミドによる利尿等)を行うこと。
・重度のうっ血性心不全に対する本剤の単独投与による有効性は確立されていない。
・本剤を投与する際はゆっくりと静脈内投与すること。
・本剤を投与する際は他の静脈内投与製剤と混合しないこと。
・本剤は、僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の治療開始時、1回のみ投与すること。
・本剤は1回のみ投与する製剤であるが、再投与が必要と判断された場合は、12時間以上の間隔を空けて投与すること。
・本剤投与後は、ピモベンダンの経口剤の継続的な投与を検討すること。
・本剤による心筋収縮はカルシウム拮抗薬のベラパミルやβ拮抗薬のプロプラノロールで減弱する。
・誤って本剤を皮下に注射した場合には、注射部位に一過性の腫脹及び軽度の炎症反応がみられることがある。
・まれに一過性の下痢、食欲不振、嗜眠が認められることがある。
・本剤を誤って過量投与した場合には、適切な処置を施すこと。

【取り扱い及び廃棄のための注意】
・使用直前に開封すること。
・本剤は保存剤を含まないため、開封後は速やかに使用すること。使い残りは、雑菌混入や効力低下の恐れがあるので、使用しないこと。
・小児の手の届かないところに保管すること。
・本剤の保管は直射日光、高温及び多湿を避けること。
・使用済みの注射針は、針回収用の専用容器に入れること。針回収用の容器の廃棄は、産業廃棄物収集運搬業及び産業廃棄物処分業の許可を有した業者に委託すること。
・使用済みの容器は、地方公共団体条例等に従い処分すること。
・本剤を廃棄する際は、環境や水系を汚染しないように注意し、地方公共団体条例等に従い処分すること。
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。