It is the top of the page

Link for moving within the page
To text (c)

ワクチン

最終更新日:2022年3月29日

バキシテック

動物用医薬品

発売日
2021年10月1日
製造販売業者(輸入元)
ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン株式会社
販売元
日本全薬工業株式会社
成分・分量
主剤:伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス由来 VP2 タンパク質発現遺伝子導入七面鳥ヘルペスウイルス vHVT013-69株(シード)…3,880 PFU/ドース以上
効能・効果
鶏の伝染性ファブリキウス嚢病及びマレック病の予防
用法・用量
別売りの溶解用液(品名:マレック溶解用液「BI」バッグ)で溶解して使用する。
1.卵内接種
凍結ワクチンを素早く融解後、1羽当たり0.05mLとなるよう1アンプルを100mLの溶解用液で溶解し、18~19日齢の発育鶏卵に1用量(0.05mL)を卵内接種する。
2.皮下接種
凍結ワクチンを素早く融解後、1羽当たり0.2mLとなるよう1アンプルを400mLの溶解用液で溶解し、初生ひなに1用量(0.2mL)を皮下接種する。
貯法
液体窒素容器内
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。